今話題のダイエットサプリでスリムなボディに!

メタボリックシンドローム

 

メタボリックシンドロームについて

男性画像

 

メタボリックシンドローム。

 

人は、内蔵に脂肪が蓄積すると糖尿病、高脂血症、そして肥満症や高血圧、などの生活習慣病が起こりやすくなりますが、このような状態のことをメタボリックシンドロームといっています。

 

いわゆる世にいうメタボですわ。

 

ただ単にメタボなんて言うと、”ただ太ってるだけだろ”なんて甘く見られがちですが、それは大きな間違いです。

 

これらの生活習慣病は、糖尿病、高血圧みたいに重複すると、いやさ、すればするほど動脈硬化になりやすくなってしまうんです。

 

すなわちメタボリックシンドロームを予防するということは、そんな生活習慣病を予防することにもつながるのです。

 

うむ。これはいいことですな。

 

さて、ところであなたは日本人の三大死因を知っていますか?

 

1つはガン、2つ目は脳卒中、3つ目は心臓病です。

 



 

いいですか。

 

ガンは仕方ありません。これは太っていようがいまいが関係なく襲ってくる病気です。

 

私も最近肺ガンで友達を亡くしました。

 

しかし、脳卒中や心臓病などの循環器病の元となるのは、動脈硬化なのです。

 

前述したように、これはメタボが原因という可能性は十分に考えられます。

 

だったら早くメタボを改善しなければなりませんよね。

 

これについては姉妹サイトhttp://メンズクリニック.tokyo でも説明しているので、時間のある人は読んでみてください。

 

 

さて、メタボリックシンドロームの基準は、2005年に日本肥満学会からまず男性は腹囲85cm以上、女性は腹囲90cm以上と発表されました。

 

それに加え、血圧130/85mmHg以上中性脂肪150mg/dL以上またはHDLc40mg/dL未満血糖110mg/dL以上、という基準が含まれるのです。

 

私なんかは、中性脂肪が計測するときによって600mgを超えるときがありますから、終わってます"(-""-)"

 

ただその基準値は、日本とWHO、またアメリカとでもそれぞれ違っています。

 

そうですね〜。日本人とアメリカ人では身体の作りがまず違いますから当然と言えば当然ですよね。

 

とにかくおっさん、おばちゃんになると、メタボになる人は非常に多いです。

 

まあ歳を取ると、”見た目なんかどうでもいいや”という一種投げやり的な感情がおこって、人の目を気にしなくなります。

 

そうなると、本能の赴くままに暴飲暴食をはじめて、どんどんメタボの闇に陥っていくことになるのですよ。

 

気を付けたいものですな。

 

子供のメタボリック

子供画像

 

平和な世の中になって、食べ物にも困らない時代。

 

いい時代になったものです。

 

しかしその一方で、子供のメタボリック症候群が、今問題になっています。

 

世の中うまくいきませんね。

 

この子供の肥満傾向は増加しつつあり、30年前と比較するとほぼ2倍に増えているそうです。

 

また、日本の子供の約1割が肥満というデータもあります。

 

子供のメタボリック症候群の原因と考えられるのは、運動不足や不規則な生活、脂肪の多い食事、それからコンビニなどでいつでも買ってものが食べられる環境などがあげられます。

 

なるほど。

 

確かに便利な文明の副産物として、前には存在しなかった病気なんかもありますからね。

 

例えば糖尿病。

 

これは貧しかった時代には存在しなかった病気ですよ。

 

だから贅沢病なんても言われるんです。

 

しかしそのような副産物が子供たちにも蔓延しているとは・・・。

 

 

そう、私の小学生の頃はまだコンビニなんかありませんでしたからね。

 

せいぜい駄菓子屋で買い食いするくらいで・・・。

 

まあ昔からデブはいましたけどね。

 

でも2倍に増えているとは私も知りませんでした。

 

さて、子供のうちに肥満やメタボリック症候群に陥ってしまった人は、その約7割が大人になってもその症状を引きずるようです。

 

すなわち子供のころにデブの人は、大人になってもデブですよ、ということですね。

 

もっと言えば、あなたは一生デブですよ。と子供時代に決めつけられたも同然。

 

でもデブだけならまだしも、とくに肥満の症状がひどい子供は、子供でも高血圧や糖尿病などの生活習慣病を引き起こす危険性があるんです。

 

これは驚きですわ。

 

子供なのに生活習慣病って・・・

 

とにかく子供が肥満気味だと感じる人は、早めに検査等を受けてメタボリック症候群の予防をすることが大切です。

 

厚生労働省からは、6歳から15歳の幅でメタボリック症候群の診断基準が出されている事実があります。

 

これは、子どものメタボリック症候群がそれくらい多く、予防と対策が必要とされていることを証明しているのではないでしょうか。

 

しかし、メタボの予防だからっといって子供にダイエットを強いるのは酷な話です。

 

子供は成長期なわけですから、たくさん栄養のあるものを食べなきゃならないんです。

 

 

ではどうすればいいか?

 

まずは食生活の改善から始めることです。

 

ポイントとしては、間食をさせないことが一番重要ですね。

 

例えばあなたにもしあなたそっくりの肥満体の子供さんがいたとして、その子供がスナック菓子やジャンクフードを食べているところを目撃したら、あなたは涙を呑んで子供を張り倒さなければなりません。

 

歯の一本位は折れてもしょうがありません。

 

子供は泣くでしょうが、その時に

 

「うるせー!!おどれ!!貴様、将来この母ちゃんのようになりたいか!!」

 

そう言いなさい。

 

そうすれば子供は改めてあなたの体型を泣きながら何度も確認し、二度と間食をすることはないでしょう。

 

それと朝昼晩の食事を栄養のバランスを考えて、3食きちんと食べさせることも大切ですね。

 

とにかく食生活の改善とはこれすなわち規則正しい食事ですよ。

 

この言葉は大事ですからメモしておくように。

 

それから子供には、家にこもってゲームばかりさせたりせず、戸外で元気に体を動かして遊ばせ、規則正しい生活をおくるようにしてあげてください。

 

 

 

おすすめサイト

page top