今話題のダイエットサプリでスリムなボディに!

ダイエットの敵リバウンド

 

リバウンドはよくある

 

ダイエットをしているとよく聞く事のひとつに、リバウンドでせっかく落とした体重が戻ってしまったということがあります。

 

リバウンド現象とは、減量がうまくいっても体重が元に戻ることをいいますが、

 

場合によっては、ダイエットを開始する前よりも体重が増えてしまうこともありますので、多くの人の悩みの種となっています。

 

リバウンドは、ダイエットにトライした人の半数以上が体験しているものでもあります。

 

辛いダイエットでせっかく落とした体重が戻ってしまっては精神的にもショックを受けるので、できれば避けたいものです。

 

また、ダイエットとリバウンドを交互に行っていると代謝がだんだん下がっていって、健康的にもよくない状態になってしまうので要注意です。

 

ダイエットに取り組む際は、体重を落とすことだけを気にかけず、リバウンド予防を考えながらダイエットをすることが大事です。

 

リバウンドで体重が増える原因

 

ダイエットをする時には、どうしリバウンドが発生するものなのかを認識した上で、体重を管理することが大切なポイントになります。

 

そもそもリバウンドがあるのは、人間の体を常に一定の状態に保つためにホメオスタシスという働きが備わっているためです。

 

体重を減らすために食事を減らしたことがある人は少なくありませんが、食べる量を減らすと、直近の数日は体重がぐんぐん落ちますが、その後は体重の変化が起きにくくなってしまいます。

 

食事制限中に体重の減りが鈍化する症状のことを停滞期といい、身体が正常に働いていれば起きてしまう症状です。

 

停滞期は、ダイエットをした人なら当たり前のように知っている言葉ですが、リバウンドとは意味が異なります。

 

エネルギー供給がわずかになってしまうなど、食事や環境要因が厳しいものになっても、健康でいられるように体を対応させる機能がホメオスタシスです。

 

ホメオスタシスが働くと、エネルギーを使う機能が抑制されますので、体重が減少しづらい体質になります。

 

ダイエットに挫折する理由は様々ですが、中には期待したほどの効果が得られなかったという人もいます。

 

停滞期のせいでやる気が失せたという人もいます。

 

ホメオスタシスのお陰で、ダイエットをやめた後も代謝の低い状態が継続していますので、代謝が下がっている時に、ダイエット前と同じぐらいの食事を摂ると、使い切れずに余ったカロリーが皮下脂肪として体に蓄積されていくのです。

 

リバウンドが起きると減った体重が戻るのは、身体の諸機能が体を守りたいがために起こす反応なのです。

 

リバウンドが起きないようにする為には

 

リバウンドによって体重が増える要因のひとつは、満腹中枢の仕組みをよく理解していないことにもあります。

 

食事をたくさんとると満腹感を得られますが、これは体に必要なエネルギーをもう十分に摂取したという体のサインでもあるわけです。

 

継続的な食事制限をしていると、満腹感が感じられるタイミングが少しずつズレてくる場合があるといいます。

 

体の中には、脳の満腹中枢を刺激し、食物が吸収されると分泌されるレプチンという物質があるのですが、

 

ダイエットのために食事の分量を少なくしていると、このレプチンも少なくなって満腹感が得にくくなっていくのです。

 

そしてこの減ったレプチンが元に戻るには約1か月程度はかかるといわれています。

 

体内のレプチンが不足している時に食事を摂ると、つい満腹になるまで食べ過ぎてしまう傾向があるのですが、

 

それがダイエット後のリバウンドになるわけですね。

 

ダイエットをした時にリバウンドが起きないようにするには、ただ体重に目を向けるのではなく、体の中で起きていることを知っておくことです。

 

 

 

 

おすすめサイト

page top